OEMの注意点

製造する人

ほかの会社のために化粧品を企画し、製造、販売している化粧品会社のことをOEMと呼びます。それだけの設備と技術力があるため、ほかのメーカーのために企画し、作っていることによって収益を挙げている会社ということです。

Read More

安心な化粧品

手を合わせるビジネスマン

OEM企業を一緒に化粧品を作っていくことで、品質の良いものを作ることができるでしょう。多くの人が悩んでいる肌トラブルに対応する化粧品を一緒に作り上げていくことで、企業にとってもお客様にとってもよい影響をもたらします。

Read More

化粧品を作る

インターフェイス

会社から委託を受けるOEM企業は多く、よりよい化粧品を作ってくれます。少ない数から作ることができるようになったため、個人でも利用できる可能性が増えました。化粧品会社にとっても様々な種類が販売できるメリットがあります。

Read More

新規でも大丈夫

工場の夜景

OEM化粧品は新規で参入してきた企業でも安心して売り上げを上げることができることが強みとなっております。一貫した生産体制を取っている企業が自然派化粧品を製造しているため安心してOEM製品を委託することができます。企業の要望に沿った企画提案を行ったり、市場の流れに応じたマーケティングを行っているためお客様に好まれる商品作りを行っております。OEM製品を作る始めの段階は企業がどのような要望を持っているか丁寧にヒアリングすることから始まります。意志の疎通が十分にできていないと的外れな商品を作ってしまったり、売れない商品が出来上がってしまうためヒアリングは大変重要な作業ということができます。ヒアリングした中から最適なものを選びます。

OEM製品は企業からヒアリングした内容を基にどのような製品が良いのか検討します。品種や品目、商品のコンセプトなど商品の骨組みとなる部分をしっかりと打ち合わせをします。その次に販売ルートや流通にかかわる経費を試算します。マーケティングに関してもきっちりと行い、化粧品を購入する年齢層や必要なロット数季節などを調査することが重要です。マーケティングが終わると商品開発に移ります。ここで化粧品の姿が徐々に表れてきます。そして、試作品などを作りモニターにアンケートや感想を聞き取り、より良い製品を作成します。薬務科の製造許可が下りたら生産を開始することができ、お客様の元へ届きます。製造までの流れを知ることでより良い化粧品であることがわかります。